安易なエヤコン信仰は

安易なエヤコン信仰は

 

  エヤコン暖房:エヤコンさえつければ冷暖房は、家の完成後にと単純に考えている 

                        ケ-スがほとんどです。

   ダニを舞いあげ、空気を乾燥し、目覚めを悪くします。

   ビルトイン型エヤコン:暖房用は効果なし、価格が高く取替時の位置関係が変ります。

 

   冷たい空気は天井からは、よいですが、暖かい空気は頭からは良くありません。

 交感神経を高めます。

   乾燥、ほこりの舞いあげ、断熱効果のない家では、上下の温度差(35~19度)、

 夜は、風の音がきになります。

 

 ガスや石油スト-ブは、水分を発生、カビ、ダニ発生の原因になります。

   暖房は、オイル(パネル)ヒ-タ-、床暖等、輻射熱暖房を。

 性能のよいものは、温度の微調整が可能で、においなし、風邪なし、音なしで安全です。

 留守のつけっぱなしでも自動で切れます。タイムスイッチもついています。

 やけど、火事の心配もありません。転等時はスイッチが切れます。


 日本の床暖房は一部屋のみ、しかも中央部分のみ、原則は、全部屋、スミズミまで 

 廊下も、和室も、階段下もトイレも、特に窓に近い部分を暖めるのが基本です。   

 特に窓周辺を施工するのが原則です。


   我が家の場合は、1階全室隅々まで床暖房です、冬、Tシャツ一枚で過ごすことも可能で      す。心から体が温まるので、雪の降る日に10分間くらいはそのまま外出できます。

 体温が上がり、薄着が出来るようになります。


   玄関の床は、タイルでなく、床を断熱してフローリングにしていますので体温をとられ

   ません。

   外出から帰って、玄関を開けると同時に熱気を感じます。


   ガス会社方式は蓄熱しないので、実際にいくらランニングコストがかかるか試算してみて

 は。 蓄熱型のほうが安くつきます。

 

  電気床暖房:深夜電力使用タイプは暖かくない。通常型は電気代が非常に高い。

  床下兼用パネル式が一番良いですが、施工経験が必要。

  全室24時間低温輻射熱低温暖房は経験しないと、その良さはわかりません。

  

  ファンヒ-タ-、エヤコン、テレビはプラスイオンを増やし、プラスイオンが増え 

  ると交感神経が興奮して、脈拍、血圧が上昇し、疲れが取れにくく老けやすく、なりま         す。 

 

 ある家では、いくらエヤコンをまわしても暖かくならず、灯油を併用しましたが、結果、

 膝は温まらず、頭は、くらくらしました。

 この家はリビング階段で、しかも階段の上の天井に明り取りの為、一部あいていましたの     で温度はどんどん逃げていたということです。

 「家つくり」くらい

誤解に満ちたものはない。

欠陥住宅を作った、業者の 大きな広告

 寿命の短い日本の家

住宅業界はレベルが高い

と錯覚されていますが、

実際は、国際的にレベルの低い監督官庁と、住宅業界、まったく批判能力のないマスコミ。

知識の浅い施主が、住宅の寿命を短くしています。

 

短寿命、体に悪い日本の建材は輸出されていません。

 

日本は世界から見て「ものづくり先進国」「超一流の工業国」というイメージがありますが、しかし、家に限っては全く逆、日本の工業製品の中でほぼ唯一といっていいほど、レベルの低い状態が続いています。