世界最高水準の家                                                               パッシブハウスについて

                        関連ホームページより 作成

 

ドイツの省エネ技術「エネルギー・パス」(家の燃費)について欧州基準のEU加

盟各国では、建築物に対するエネルギー性能要求事項の最低基準の適用や、建築物の

新築、売買、賃貸借時におけるエネルギー性能評価書の取得と提示などが義務付けら

れています。


床面積1㎡あたり◯◯kWh必要という形で数値化されており、誰でも簡単に家の燃費を

確認することができるため、「家の燃費」が住宅の価値基準として重要な判断要素と

なっています。


パッシブハウスとはドイツの「パッシブハウス研究所」が規定する性能基準を満たす

認定住宅です。 (一般社団法人パッシブハウスジャパン指導)

ドイツのパッシブハウスの基準は、世界各国の省エネルギー基準の中で最も厳しいも

のの1つと言われ、 日本では新築で数軒認定を受けられています。


パッシブハウスの目的は 「CO2を削減すること」更に「エネルギーの使用は極限まで

減らしながらも、快適性は決して犠牲にしないこと」です。


パッシブハウスのリフォーム(EnerPHit)の基準

住宅の性能として年間の冷暖房負荷が25kwh/㎡以下:つまり年間の冷暖房は、

  床1㎡あたり25kwhしか使わないということです。

 

一次エネルギー消費量120kwh/㎡以下:家電も含め給湯、換気、照明、エアコン等  

   に要する年間の一次エネルギー量が120kwh/㎡以下ということです。 


                       ドイツのパッシブハウスの実際


  性能の高い家を建てるとなると、お金がかかります。

  欧米のサッシを使用すれば性能を簡単に上げることができても、3倍以上の価格に 

  なります。

 

  低コストを実現するために国産のトリプルサッシを使用。

  輸入サッシを使うプラスコスト分より、断低コストに。

  壁の断熱の厚さは内外合わせて550mm。

   (通常の住宅は断熱の厚さは105mm程度)


  壁に厚みを出したことにより、日射を遮蔽することにも役立ち。

  夏の太陽の角度は夏至で約80度と高く、冬の太陽の角度は冬至で約30度なので、

  夏は日射しをカットし、冬は日射しを取り込める設計になっております。


  家を暖めるのは、窓から入ってくる太陽の光と住む人から出る熱、照明の廃熱、

  電化製品から出る廃熱と「熱交換換気システム」です。

 

 この熱交換換気システムは、ドイツ製を使用。国内メーカーの顕熱交換率が、50~

 70%であるのに対して、ドイツ製は顕熱交換率91%、その性能の差は比べ物になり

 ません。

 

 顕熱交換率91%というのは、室内温度が24度の場合、真冬でも外から21,84度の温

 度で空気を戻します。 

 夏には、室内にたまった温度の高い空気を外に出すことも出来ます。 


 設備機器を動かすのは電気ですが、年間を通して太陽光発電システムの売電収入で

 全てまかないます。 最終的に建設コストは、坪単価498,000円(税込)。

 パッシブハウスをリフォームによって建てることはEnerPHit(エネフィット)と言

 います。


 「家つくり」くらい

誤解に満ちたものはない。

欠陥住宅を作った、業者の 大きな広告

 寿命の短い日本の家

住宅業界はレベルが高い

と錯覚されていますが、

実際は、国際的にレベルの低い監督官庁と、住宅業界、まったく批判能力のないマスコミ。

知識の浅い施主が、住宅の寿命を短くしています。

 

短寿命、体に悪い日本の建材は輸出されていません。

 

日本は世界から見て「ものづくり先進国」「超一流の工業国」というイメージがありますが、しかし、家に限っては全く逆、日本の工業製品の中でほぼ唯一といっていいほど、レベルの低い状態が続いています。