中古マンション購入で失敗しないためには!

最近は、マンションのチラシが入ってない日はないくらい。
マンションの宣伝が激しいです、また、リフォームブームですが、
不動産選びに占いの鑑定法を使うと、良い物件か、どうかがわかります。
建築時期、購入時期と、購入者の運気、マンション(ビル)名、番地、

部屋番号、業者名で判定します。(方位信仰は、やめましょう)

鑑定のポイントは、住みやすさ、出費、この2点です。

 

売りに出ている物件を調べると、その理由がよくわかります。
新築もそうですが、中古は、理由があるので売りに出ています。
最近、ある業者の1面、すべてを分析しましたら、すべてが、

ワケありでした。

実際に住んでみるとよくわかります。
なぜか(理由明白な場合も勿論あります)、

1、落ち着かない。
2、よくお金が出るという具合です。
借りる場合も同じです。
特にビジネスの場合は、仕事に影響します。
選択を誤ると、折角、苦労して契約したのに、他人のミスで

解約になるとか、よく出費するとかという現象が出てきます。

 

中古に限らず、仕事場に近いからという理由で、

新築の残り物を買ったために、住みにくく、ついに売却という

例もあります。一戸建てでも、残り物は、要注意です。

おまけに独立運もないのに、独立して散財、破産、

家族に苦労を掛けている例があります。

こういうことは、信じないでしょうが、

占いで回避できるのです。

ただし、⇒「失敗しない占いの選び方」を、しっかり勉強してください。

嘘か本当かは、ご自分で検証されれば、わかります。

 

注意!⇒方位のみで選択すれば、よいと考えている人がいます。

失敗のもとです、素人さんが占いをかじって(少し勉強して)

判断すると思わぬ、大失敗をします。

 

 「家つくり」くらい

誤解に満ちたものはない。

欠陥住宅を作った、業者の 大きな広告

 寿命の短い日本の家

住宅業界はレベルが高い

と錯覚されていますが、

実際は、国際的にレベルの低い監督官庁と、住宅業界、まったく批判能力のないマスコミ。

知識の浅い施主が、住宅の寿命を短くしています。

 

短寿命、体に悪い日本の建材は輸出されていません。

 

日本は世界から見て「ものづくり先進国」「超一流の工業国」というイメージがありますが、しかし、家に限っては全く逆、日本の工業製品の中でほぼ唯一といっていいほど、レベルの低い状態が続いています。